Calendar
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

日々の出来事や感じたこと、つらつらと書いています。
Profile
Comment
今日のご飯
Mobile
qrcode
Search
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
キューバを感じた夜 
キューバの話をもう少ししたいと思います。
そろそろキューバネタに飽きてる方もいらっしゃるのかしら?
ま、私のブログなのでそこらへんは私の勝手か(笑)


向こうに行って2日目の話。
旧市街(ラ・アバナ・ビエーハ)へ行った夜のこと。

その日は、知り合いのカサ(キューバ人の家に泊まれるトコ)で
ゲイのカップルが作ってくれたディナーをご馳走になり
その後、ディナーその女性と共に、旧市街へ出かけた。

すでに時計は8時半を回っており、街はすでに闇に包まれていた。
そんな中、ベダードから旧市街へ歩く事30分星
ケチらずタクシー使えよって話ですか?
えぇそうね。
でも社会主義国キューバにはたくさん警察がうろうろしてるから
旧市街とかなら割と大丈夫みたいなのね。
もちろん小心者の私は一人じゃ無理よ。
今回は2人だったから。


意気揚揚とビエハ(旧市街)へ向かう私達。
と、突然上から水が降ってきたあめ
「ザバァッ!!!」
雨とかそんなんではなく、明らかにバケツの水だ。
間一髪、ずぶぬれは免れたものの
あまりの出来事に驚く私達。
でもこれは、道路を掃除するためのものらしく、
至って普通の出来事らしい・・たらーっ
確かにキューバってそこら中、犬のうん○だらけだからね。
でも、いきなり上から水って・・びっくりよね(笑)
That's Cuba.


そんなこんなでビエハへ着くと、
街中は、音楽とそれに合わせて踊る人で溢れてた。
その日は、平日のそれも月曜だというのに・・!!
ビエハには本当に多くの人々がサルサやレゲトン(若い人は好きね)に
合わせて腰を振って全身で踊っていた。
キューバ人の腰はオカシイ。
ぐるんぐるんです。
幼稚園児の踊りでさえ、しっかりと腰が入ってるからね。
そんな音楽と人に吸い寄せられるように
フラフラとそこにいっては、私達も仲間に入って盛り上がった結晶
踊りが下手でも教えてくれるし、本当に楽しかった。
調子に乗って、モヒートを飲んで
顔を真赤にしてキューバ人とサルサを踊ったのもまた思い出だ。


しかしブラブラ歩きの女二人がいれば
必ずキューバ人が寄ってくる。
それもずーっとついてくる。
ホントにずーーーっと。
「コイツどんだけ暇やねん。」
と思わざるを得ない。
恐らく彼らはヒネテーロと呼ばれてるサギっぽい人たちです。
ヒネテーロだろうなぁと思いつつ、
まだ2日目なのでキューバのことを色々教えてもらう。
ついでにサルサも教わる。
だってレッスン料タダなのだ。
ラッキー!

てかね、別に彼らは何をするわけでもないのです。
一緒にお店とかに入ったらおごってもらおう、とか
思ってるだけなんです。
若干うっとうしい以外に特に害ナシ。
アジアの客引きみたいなもんを考えれば全然OKですグッド

サルサとヒネテーロにまみれている間に、
時計の針は既に1時を回っているではありませんか!
さすがにもう帰らないと。
と、思っていた矢先・・・
| - | comments(1) |
スポンサーサイト
| - | - |
私も今年4月にキューバに行く予定です。色々楽しい情報を教えていただければ嬉しいです。

宜しくお願い致します。

チンタカ
| チンタカ | 2007/01/19 7:24 PM |









<< NEW | TOP | OLD>>
Material by Night on the Planet
(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.